マンション管理の特異点

マンション管理に役立つ法律やルールをコペルマンがわかりやすく解説

75%のマンションで、修繕積立金が不足してる

f:id:coperuman:20171019095448p:plain



先日、日経新聞社によってこの内容が報じられた。当該新聞社のみならず、修繕積立金事態が不足することは業界ではずっと指摘されてきたことである。

 

 

実態としては、このような事態になることを知らない人が大多数ではないだろうか。しかし、これはまぎれもない事実である。足りなければ、補填すれば良いという考え方も高齢化社会ではなかなか厳しい状況をつくり出すことは必須となる。

 

仮に、積立金を増額できたとしても、やはり経済的な痛みとなって跳ね返ってくる。こういった事態に対応すべくスタートしたのが弊社のベンチャー事業である。

 

マンション内の共用部分を広告スペースとして解放することによって、新たに収益源を確保しようというアイデアである。共用スペースのみならず、配布物さえも収益源に換えてしまおうというものとなっている。

 

これは、マンションの居住者が消費者であるため、成立する事業モデルとなっている。

 

coperuman.hateblo.jp

 

coperuman.hateblo.jp

 広告市場は毎年6兆円を超える巨大産業となっている。このような市場から外部収益を得られる仕組みがあれば、修繕積立金の不足や枯渇といった課題に対応できるのではないだろうか。

 

日本初の事業アイデアということもあったり、修繕積立金が不足したりする事態を知らない人が多いため、事業としては認知的なハードルが高い。しかし、高齢化社会と同様に日本が確実に直面する課題であることから、なんとか普及させたいと考えている。