マンション管理の特異点

マンション管理に役立つ法律やルールをコペルマンがわかりやすく解説

マンションのエレベーターに収益機能を持たせて管理コストの低減を図る方法

f:id:coperuman:20171206164958p:plain

マンション管理はコストの塊である。これから多くのマンションが老朽化の進行に対応せねばならない時代がくる。老朽化への対応は、経済的負担に跳ね返ることを意味しており、それは社会にとって良いことではない。

 

そこで考案したのが、エレベーターの余剰スペースを広告スペースとして解放するというもの。いわゆる遊休資産の活用により収益を得るというシェアリングエコノミーである。

f:id:coperuman:20171206163810p:plain

 

大きな金額ではないものの、広告収益を得ることができる。そればかりか、エレベーター内が少し華やかになり、老朽化に目がいきにくくなる効果もある。ペタペタと何枚もの広告物を貼るのは景観に影響を与えるが、一つか二つの広告物なら逆にあった方がメリットが大きい。

 

今現在は、共同住宅のエレベーターに広告物を掲示することで広告収益を得ることは一般的に認知されていない方法である。しかし、今後はこれが普通になっていくに違いない。何故ならば、マンションの維持管理コストの低減に対するニーズは時間経過とともに増大するからだ。

 

掲示物だけにとどまらず、配布物の余剰スペースを解放する方法もある。

coperuman.hateblo.jp

 

小さな収益でも数十年にわたって積み立てれば大きなお金になる。マンションの寿命は数十年と長い。少しでも早い段階から対応策に取り組むことで、無駄な出費を抑えられれば社会にとって良いことに違いない。

 

www.coperevo180b.com