マンション管理の特異点

マンション管理に役立つ法律やルールをコペルマンがわかりやすく解説

日々マンションのポストに投函され、捨てられる広告物を収益に換えるアイデア

マンションに住まれている方であれば、ポストに投函されるチラシやDMといった紙の広告物を頻繁に目にする機会があるではないでしょうか。そして、これらのほとんどは、ポストやエレベーター付近に常設されたゴミ箱に直行する実態もよくご存知かと思われます。「あ、またチラシ入ってるよ・・・・(ポイっ)」という感じだと思います。

f:id:coperuman:20171019095401p:plain

f:id:coperuman:20171019095426p:plain

そんな広告物も誰かが手間をかけてつくり、誰かが投函しています。これらの労力はコスト、つまり、お金のカタマリで構成されています。しかし、そのお金のカタマリはゴミ同然に捨てられているわけです。ここに大きな疑問を感じました。

 

「ゴミ同然に捨てられるお金を、もっと有益に使う方法はないのか」と。

coperuman.hateblo.jp

  

そこでまずはマンションについて色々調べてみると、日本のマンションは老朽化が進んだものが多くなってきている実態があることがわかりました。国土交通省によれば、マンション全体の約50%となる300万戸以上が、10年後には築30年超のものとなリます。

 

f:id:coperuman:20171019095448p:plain

老朽化したマンションはどうなるのか。メンテナンスコストを増しながら、最後には建て替えという運命に辿りつきます。これらのコストは、マンション居住者(所有者)が毎月支払う管理費や修繕積立金の増加となってはね返ります。住宅ローンだけでも苦しいのにため息が出ますね。

 

f:id:coperuman:20171019095503p:plain

また、マンション全体の世帯主の50%以上が、60代以上で占められていて、毎月支払う管理費等の支出が大きな経済的負担となってくることも予想されます。こういった実情からも、毎日ポストに入っているチラシを作るために事業者さんが捻出する広告費を、マンションの収益金に変える仕組みがあれば、社会にとって良いことなのではと。

 

よくよく考えてみると、マンションの居住者は「消費者」でもあるわけです。それ故に、事業者さんたちは毎日チラシをポストに投函する訳ですが、先ほど申し上げたとおり現状はほとんどがゴミ箱行きになっています。

 

ということは、今以上に効果の高い選択肢の提供ができれば、事業者さんたちは喜んで広告費を捻出してくれるはずです。そこで私が考えた今以上に効果の高い新しい選択肢が、マンション内で配布される配布物の余剰スペースを広告媒体として提供するというものです。

f:id:coperuman:20171019095523p:plain

 

これは事業者さんにとっても、マンション居住者(所有者)さんにとってもメリットがある仕組みとなります。まず事業者さんにとってのメリットは、家の中まで持ち込まれる媒体に広告を出すことができることと、マンション居住者(所有者)さんにとって重要な情報と一緒に広告を掲載できるということです。

 

マンションの配布物には、居住者が「知るべき」お知らせ情報(総会日程、理事会決議事項、機器点検日のお知らせ etc.)が記載されているため、居住者がその配布物を受け取ってすぐに廃棄することはほとんどなく、むしろ一定期間保管されます。 また、お知らせ情報と一緒に広告情報が掲載されるため、媒体の性質としては、発信したいコンテンツを載せる新聞広告と似たものになります。

 

f:id:coperuman:20171019095606p:plain

そして、マンション居住者(所有者)さんにとってのメリットは、広告収益金を得られるということにつきます(特許登録済み)。これまでに消費者が広告情報を閲覧することで消費者に広告収益が得られる仕組みはあまりなかったと思います。

 

しかし、この仕組みを利用することで、マンション居住者(所有者)さんは広告収益金をマンションの管理費や修繕積立金の低減に役立てることが可能となります。それ故に、余剰スペースを少しばかり事業者さんにシェアするだけでインセンティブを得られることから、マンションの配布物に広告が載っていてもウザいと感じる人は少ないはずです。それどころか、どこの事業者が広告収益金をもたらしてくれたのか?というポジティブな目線で見てくれる可能性があります。

 

「あら、こんなところにヘアサロンができたのね」

f:id:coperuman:20171019095553p:plain

 

「おっ、ここの居酒屋さん改装したんだなぁ」

f:id:coperuman:20171019095630p:plain

 

「この内装屋さんにリノベーションをお願いしようかな」

f:id:coperuman:20171019095641p:plain

といった具合に。

 

この仕組みにより、チラシの投函数そのものが減少すれば、資源の無駄遣いを減らすことにも貢献します。事業者(広告主)さん、マンション居住者(所有者)さん、地球の3者にとって、Win-Win-Winの関係となり、それなりの社会的意義を果たすようになるのではないでしょうか。

 

ここでプラットフォームを用いて実現したい仕組みを要約すると、次のようになります。

 

「マンション内の広告媒体資源を解放し、新しい選択肢を広告主に提供することで、マンションが収益金を獲得する」というものになります。収益となる現金は、マンション管理組合の銀行口座に振り込まれるスキームとなります(特許登録済み)。

www.coperevo180b.com

 

建てられたマンションは今後も増え続け、その維持管理費も増加の一途を辿ります。その対応策は現在限られたものしかありません。しかし、無いわけでもありません。マンションの最期となる建て替えまでは数十年単位の時間があります。その時間軸を味方につけることで、必ず降りかかる経済的負担を軽減できれば社会にとって良いことになるに違いありません。

f:id:coperuman:20171019100904p:plain